Vol.50 ブログは新規顧客獲得にも見込客にも既存顧客フォローにも使える

ブログは営業ツールとして、とても使えるツールです。これは「新規顧客を獲得しやすい」という意味でよく使われています。しかしブログなら、どの段階の顧客に対しても効果的な営業ツールとなりうるのです。

新規顧客はどうやって獲得する

ブログで情報を発信することで、会社全体のイメージアップになります。

さらに、ブログをよく読みに来るファンの多くは、そのまま会社にも好意的なイメージを持ってくれます。

ブログのファンは、何かあれば取引先として「普段よく読むブログを発信している良い会社」の候補にあげてくれます。そしてそこから新規顧客獲得につながります。

見込み客にはどうやってアプローチする

以前から何らかの形でアプローチしている「見込み客」はどの会社にもたくさんいるでしょう。営業マンが通っていたり、展示会に来てもらったりして、セールスをかけているです。テレビや新聞広告を見た人も、見込み客としてカウントできます。

見込み客には、ブログで「会社の別な一面」を見せることができます。読み物系の記事で営業マンや広告とは違う一面を見せたり、営業マンや広告では説明が足りない部分をブログの解説記事で補ったりできます。

ブログは、見込み客にとっては会社全体の再評価やイメージアップにつながります。そこから取引が発生し、顧客になることもよくあります。

既存顧客にはどうやってブログを活かす

既存顧客、つまり「いつものお客さん」には、これまでの付き合いがあります。あらためてブログを紹介することはないと思われるかもしれません。

しかし、既存顧客に対してもブログはとても効果的です。

読み物系の記事は、付き合いのある営業マンとの「話のタネ」になります。営業マンからの話題が増えるだけでなく、顧客側から積極的に話題にしてくれるのです。これは、営業活動にとても便利です。

さらに、既存顧客の普段の業務内容に役立つような解説記事は、積極的に利用してもらえます。それはブログへのアクセスを増やし、顧客から会社全体へのイメージアップにもつながります。

このように、ブログはどの段階の顧客に対しても有効な営業ツールなのです。
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward