第9回 ホームページ内のブログは財産になる

1)街の小さな不動産会社は物件情報に集中する前に知名度をあげることが大切だ

ホームページにあるコンテンツ(物件情報やブログ)は、あなたの会社、お店の財産になります。Googleは質の良いコンテンツが多いホームページを高く評価しています。2013年頃からのブログはGoogleのサーバーにしっかり貯蓄されています。これからは自社ホームページの中に質の高いコンテンツをどんどん増やして、あなたの会社のネット上の資産を増やしましょう。

よろしければ、上記「シェア」ボタンからシェアお願いいたします。

掲載物件もブログもホームページ内の全てが不動産会社の財産になる

ホームページに掲載したブログはあなたの会社の財産です。これからもブログはコンテンツと呼ばれ掲載すればするほど、あなたの会社の資産を増やすことができます。


ホームページ内に掲載されているブログはコンテンツと呼ばれています。Googleは閲覧数の多い有益なコンテンツを高く評価しています。結果的には、書き手によってオリジナル性の高い記事、つまりブログを特に高く評価しています。


最近はキーワード検索されたブログを入口にホームページ内にある物件情報を回遊する不動産会社のホームページが高く評価されるようになっています。

これからはホームページ内にあるコンテンツ(ブログ)は不動産会社の財産であると意識してください。

物件を削除する=財産を捨てる。賃貸管理物件は成約になっても削除しない

掲載しているコンテンツ(ブログ)をホームページから削除するということは、財産を捨てるということと同じです。せっかく、手間ひまかけて制作したコンテンツは捨てないという考えに切り替えましょう。過去に掲載したコンテンツも「ひと手間」かけて再度書き直すことで、眠っていてコンテンツを有益なコンテンツに蘇えさせることもできます。


物件情報はブログほどコンテンツとしての役割はあまりありませんが、コンテンツの一部です。掲載していた管理物件が成約済みになったら「成約済み」と文字を物件名に前に入れます。さらに、物件の号室や階、家賃や敷金、間取り図、内観写真は見えないようにします。ひと手間かけることで、不動産会社の大切な商品を捨てることがなくなります。


これは、あくまでも賃貸の管理会社の自社管理物件の場合です売買物件の場合は成約したら取引態様を問わず、ホームページから削除しましょう。また賃貸でも仲介会社は、管理会社とのトラブルの原因になりますので、必ず削除する方が良いでしょう。

ホームページは実店舗。ページビューを増やすこと=ネット集客すること

ブログは外部サービスのブログと自社ドメインで運用するブログがあります。長い目で見ると、自社ドメインでの運営をオススメします。いつも言っていますが、自社ホームページの目的は「知名度を高めて地域の有名店になる」ことです。むしろ自社ホームページこそが店舗なのです。だから自社ホームページへ訪問者を増やして、ページビューを増やすということが自社ホームページに集客するということなのです。


その第一歩は「自社ホームページのページビューを増やす」ことです。ページビューを増やすために自社ホームページの入口に置くのがブログです。


キーワード検索に強く、たくさんの方に見てもらって回遊されたブログを経由して、自社ホームページへ誘導し、ページビューを増やします。やがて、たくさんのページビューを集めるブログと自社ホームページが不動産会社の知名度を上げるのです。


そのブログが自社ドメインのブログなら、そのブログのページビューがそのまま自社ホームページのページビューになります。これから、自社ドメインでブログを立ち上げ、当面は外部のサービスブログと自社ブログを併用すると重複コンテンツとしてペナルティーを受ける可能性が高いです。今後は自社ブログ1本にするのが良いでしょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。小さな不動産会社が地域で1番の有名店になれるホームページ運営を支援しています。ドリームワンは6年間かけて小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるためのノウハウを提供して、SEOに効く新しいスタイルのホームページを開発・サポートをしています。お得意様の多くは零細店です。その多くが地元で知名度1番店、先頭集団に入っています。ドリームワンはホームページで知名度を上げるノウハウを持っています。ドリームX活用6か月以上の導入会社の81%が月間3千ページビュー(PV)以上のホームページを運営しています。ドリームワン中野が発行する導入会社限定メルマガ『月間3千PV達成フォローアップ』が好評です。お気軽にご相談ください。
arrow_upward