広告費ゼロで自社のホームページを広く知ってもらうには

「ポータルサイトを利用しても反響がない」

「反響があったしても来店しない」

「圧倒的に成約や売上が少ない」

そんな相談が多いです。ドリームワン のお得意様にはポータルサイトを一切利用しないで反響を増やして来店させて成約して売上を達成しているドリームX導入会社がけっこう多いです。

 

ブログの書き方ルールに従って、検索で見つけてもらいましょう

今、元気な会社は半年から1年間、自社ブログに記事をコツコツ貯めてきた会社です。

ブログは貯蓄型のメディアなので半年ぐらい、100記事くらい貯まるといろんなキーワードで検索されるようになります。数ヶ月の時間がかかりますが、効果は長続きするので、ヤメたら効果がなくなる広告と違い価値があります。

今、グーグルはブログを優先的にキーワードで検索結果として表示してくれます。この流れや効果は当分(数年先まで)続きます。

そうです。これからはブログをたくさん書いて発信、Googleに見つけてもらうマーケティングが主流になります。ビッグなキーワードではなく、学校や商店、公園。公共施設などを組み合わせたキーワードであなたの会社が検索されるようなブログを書くと効果的です。

ブログが効果的に検索され、見つけてもらうためにはGoogleに検索されやすいブログの書き方ルールがあります。その書き方ルールに従ってブログを書き続けましょう。

弊社のドリームXにはGoogleに検索されやすい機能が実装されています。

ホームページの目的は反響や集客ではない。知名度を上げること

物件情報だけでは検索されないことを実感して効果がないことが分かれば、ブログを書いて検索結果で見つけてもらうしかないですよね。

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなどのSNSもイイですが、それらは残念ながらキーワードで検索されません。ブログはキーワード検索で最も強いメディアです。

Yahoo!ニュースやグーグルで調べたいモノはほとんどがブログ形式のモノばかりです。その記事を「コンテンツ」と言います。

小さな不動産会社が5年先、10年先を生き残るには、たくさんの役立つコンテンツを発信して、お客さんにキーワードで検索されて見つけてもらう以外に方法はありません。

2017年2月3日(金)にグーグルはその記事を公式に発表しました。そして2019年1月より実行を開始しました。(下記画像)

未だ開始したばかりです。今からブログをはじめても十分に間に合います。ぜひ自社ブログを始めてみてください。

まだ、大丈夫ですよ。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward