不動産ブログの内容。お店を訪問する価値と従業員の魅力を伝える

「ホームページは物件紹介が第一だ」ということをよく耳にします。そうでしょうか?

今、元気な不動産会社は自社を訪問する価値とスタッフの魅力をホームページのブログで伝えています。隣の同業者へ行こうとしていたお客さんを自社へ向けさせるには、どんなお店でどんなスタッフがいるのかを伝えてください。

数ある不動産屋からあなたのお店を選ぶ理由は?

■変化

不動産を探すお客さんに変化が起きています。ホームページ 内に物件の数を増やしても、きれいな写真を増やしても問い合わせや来店しなくなりました。


私にも責任はありますが、数年前までは

「いかに物件を良く見せる」

「キレイな写真をたくさん掲載する」

「物件確認をしてクリーニングを」

など、物件のことばかり言ってきました。


でも近所の不動産会社のホームページを見ても、ポータルサイトを見ても同じ物件を陳列しているだけです。物件紹介だけでは不動産会社の違い、良し悪しが分りません。


■理由

少子化や新築の供給過多で空き家が増えて続けているなどの理由があります。

しかし、不動産会社が他社と競争する中で生き残っていくために、それは理由になりません。


■新しい動き

今、問い合わせや来店客が多い不動産屋は

「〇〇社(他社ホームページやポータルサイト)で掲載している、□□マンションをオタクで紹介できますか」

「ホームページに載っている入居中の管理物件、空きが出たら教えて欲しい」

「空室を所有するオーナーだが、オタクのホームページでも空室を紹介して欲しい」

「ブログを読んだ。空室が増えて困っている。ぜひ相談にのって欲しい」

です。

物件情報では人柄やお店の魅力は伝わらない

今、不動産会社のホームページ閲覧者は

1位 大家さん

2位 不動産会社

です。


空室で悩む大家さんが年々増えています。今、元気な不動産会社は大家さんからの相談や受託が多くなっています。

そして、大家さんから預かった物件だけを掲載する受託専門店がかなり儲かっています。専任や管理会社に直接問合せする入居者が多くなっています。


それをホームページの物件情報だけではなく、ブログで発信しています。

例えば、スーパーマーケットを自社ブログで紹介して、そのスーパーマーケットへ歩いて行けるホームページをリンクして問合せさせる方法です。

空室で悩む大家さん向けに自社のコンテンツ(ブログ)で募集の方針や管理状況をどんどん掲載する会社。

入居者向けに「不動産会社を選ぶ3つの条件」などを一つずつブログで紹介する不動産会社。

こういう不動産会社が元気なんです。


物件だけでは人は集まらなくなりました。大家さんは不動産会社の実力をよく分りません。だから不動産会社がブログで自社のことを発信すると大家さんから反響が入ります。

「この店のこの人で決めたい」と言われる店になるには

今は、小さな不動産会社が発信する情報は物件よりも、あなたの会社へ訪問する理由を伝えること。あなたのお店で物件を決める価値を伝えること。

接客、案内、申込、契約、契約後のフォローまで面倒を見てくれるスタッフの魅力を伝えることが大切です。その上記内容をブログやコンテンツで日々伝え続けることができる会社が今、人気になっています。

まずはブログを書き続けて、月間PV(ページビュー)3000を目指します。それから5000PV、10000PVと数値目標を上げていきましょう。

とにかく、毎朝、全社で自社ホームページの数値を共有しましょう。やがて、ネット上では誰もが知る地域で知名度が高い会社になります。

そうなると、物件情報を掲載しなくても、顧客はあなたのお店を自然に訪問するようになります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward