集客できるホームページの定義とは

・一人社長の小さな不動産会社でも、
・広告費ゼロで
・月間10000PV(1万ページビュー)にホームページで
・地元では圧倒的に集客することができます。

そのようなホームページの作り方をご紹介します。

そんなに難しくはありませんが、少しばかり時間を要します。

ホームページの知名度が無い(低い)から、集客できない

前回のブログで、ホームページが集客できない理由は、「あなたのホームページを誰も知らない」から「知名度を上げれば集客できる」と説明しました。それにはネット上で長い時間検索され続けるブログが最適と言いました。

つまり、ホームページの知名度が無い(低い)から集客できないのです。言い換えれば、知名度の高いホームページを作ればイイのです。

できれば地元でいちばん知名度が高い、有名なホームページを目指しましょう。

集客できるホームページの定義は訪問者やページビュー(クリック数)が多いサイト

知名度、人気度を計測する2つの方法があります。

まずは知名度から説明しまします。知名度を計測するには、『ホームページの訪問者数』と『ページビュー数』のアクセス解析です。

今はGoogleが無料で提供するGoogleアナリティクスを誰でも利用閲覧できます。これを使うと便利です。

『ホームページの訪問者数』はホームページに何人の人が訪問したのかを計測する数です。『ページビュー数』とは上記訪問者が何回クリックしたかという数です。

訪問者が何回もクリックしてホームページ内を回遊すればページビュー数が増えます。Googleはこの訪問者とページビュー数の多いホームページを「役立つコンテンツが多いホームページ」と評価しています。

だからまずはホームページの訪問者とページビューを増やすことを考えましょう。


そしてもう一つが、ホームページの人気度を計測する方法です。これはあなたのホームページ内のコンテンツがどの位、グーグルやヤフーにインデックス(登録)されているかを計測する方法です。この数が多いほど、検索の窓口が多くなり検索され易いことになります。

site:ホームページのURL
を検索窓に入れるとインデックス数が分かります。最低でも500は欲しいですね。

営業エリアで最も検索されるホームページの目標数値

1年くらいかけて、ホームページ訪問者月間5000人、月間10000PV(1万ページビュー)をホームページになれば、恐らく地域で5位以内の集客するホームページになります。営業地域の規模次第ですが1位になる可能性も高いです。

1年位の時間をかけて、やれば可能な数字です。難しい数字ではありません。月間10000PVになれば、恐らく毎月に6、7人が問合・来店して営業力にもよりますが4、5組は成約するはずです。

この数字が多いか少ないかを判断するのはあなた次第ですが、コンスタントに年間100件の問合せ、成約が年間50組がホームページから得られたらどうでしょう。アクセス数がそれ以上に増えれば成約はもっと高くなるはずです。

駅名、地名を含む、いろんなキーワードで検索されるホームページに育てる

月間10000PV以上にするには、駅名、地名、地域名を含むいろいろなキーワードで検索されるホームページにすることです。

次回はその方法をご紹介します。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward