大家さんが続々と相談にやってくるブログの始め方

問合せや反響がないブログには原因があります。

それはブログで強い売込みをしている場合があります。これはお客さんに嫌われてしまいます。ブログが2度と読まれないこともあります。

もしどうしても売り込みをしたいのであれば、徹底的に売込む別のブログ(ランディングページ)を書いて、そのブログにリンクを貼ってそのランディングページへお客さんを誘導します。そうすれば嫌われることもなくなります。

ブログで反響や問合せをしてもらうには決して売り込みをしないことです。集客にブログやSNSを活用すると書き手の自慢や利益を求める傾向があリます。

ブログはキーワード検索に強い

不動産会社は何のためにブログを書くのか?

ブログはいつでもどこでも自由に発信できるウェブサイトです。それだけでなくキーワード検索にとても強いウェブサイトです。

大家さんや売主さんに、検索であなたの会社をブログを見つけてもらいます。記事を読んでもらいあなたやあなたの会社に興味を持ってもらいます。役立つブログの記事で共感を得て、ホームページへ誘導します。

ホームページを訪問した大家さんや売主さんは所有物件を「オタクのホームページで紹介して欲しい」となるのが最初のゴールです。

 

ブログは大家さんや売主の悩み問題解決と利益のために

ブログの内容はどんなモノにするのでしょうか?

上記のように、今は売り込むと顧客は逃げてしまう時代です。だから書き手の自慢話や成功談は逆効果になります。

せっかくブログを訪れた大家さんや売主さんを逃がさないために寄り添うことが大切です。そうしてブログを通して大家さんや売主さんが抱えている悩みや問題を解決しながら共感を得ます。

なんてまどろっこしいと思われるかもしれませんが。ことを急いで売り込むとせっかく訪問してくれた大家さんや売主さんは逃げてしまいます。

あなたでなくても、同じような不動産会社は近所にたくさんあリます。大家さんや売主さんにとって安心できて、心地よい不動産会社だけが信頼されるのです。

1)あなたが行なっている空室対策や具体的な手法
2)他社と違う特徴的な社風や不動産業への取り組み
3)今まであなたが経験した苦労や失敗、実績など
4)地域の施設紹介を検索するとあなたのブログで紹介している
(あなたのブログは地域のスポークスマン)
5)徹底的にあなたの知っていることをブログに書いてください。

こんな大切なことは秘密にしたいとか、教えたくないいうのはダメです。あなたが書かなければ近所のライバルが書いてしまいます。

せっかく訪れた大家さんや売主さんはそちらへ行ってしまいます。すべては、大家さんや売主さんにとって有益なコンテンツだけを書いてください。

グーグルはあなたの利益や都合などはまったく関係ないのです。とにかく、顧客最優先の記事を書き続けてください。

書き手の売り込み、利益になる行為はしない

まずは大家さんや売主さんの悩み問題解決、有益で役立つコンテンツを書き続けてください。書き手の都合や利益は考えないことです。

ライバルのほとんどは売り込み、不動産会社の物件紹介だけのホームページのみです。大家さんや売主さんのためのコンテンツを持った不動産会社は近隣にはほとんどいないはずです。

それだけでも差別化されて優位な場所にいます。

すべては大家さんや売主さんのためのコンテンツを蓄積してください。数年後、あなたの会社は広告費などに費用をかけなくても、コンテンツだけで千客万来になるはずです。

やがて、近隣他社がこの手法に気づきます。そうなる前に、何歩も先を歩いて行ってください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

お気軽に相談する

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward