2020年05月24日
不動産ブログ

不動産ブログならドリームXと言われたい

今日はドリームXのご紹介です。ドリームXは「コンテンツ(ブログ)」+「物件紹介」+「アクセス解析」の機能が自慢の自社ホームページシステムです。

導入実績や利用者数はまだ少ないです。現在の利用会社数は170社です。なので導入実績日本一なんて目指してはいません。業界最少でも満足しています。

ドリームXを利用して社長が見込客や既存のお客様に役立つメッセージを発信して、良好な関係を続けて欲しいと願っています。だからあれもこれもできる多機能なシステムではありません。それでもワードプレスに比べても断トツの使い易さを追求したクラウドシステムです。

・WindowsやMacなどのパソコン、スマホ、タブレットで利用できます。

・スマホでも物件、ブログが操作できます。

私たちは「不動産ブログならドリームX」と言われたいのです。

SEOに強いブログがスラスラ書けます

ただブログを書いているだけではGoogleは評価しません。真心を込めてお客様に向けて丁寧に発信することが大切です。

・タイトル

・見出し

・文章(記事)

・写真

そして、上記の内容をGoogleの検索ロボットにそれぞれの役割を教える仕組みがあり素早く検索結果に反映され易くできています。

 

ドリームXはブログ記事の上記の内容をブロックで選べます。選んだそれぞれのブロックに内容を記述します。

ブログは自由にドラッグして並べ替えも簡単にできます。ドリームXでSEOに強いブログが簡単にかけるようになります。

SEOに強いブログのテンプレートが使えます

ブログに何を書いてイイか分からない。ネタ切れで書けない。そんな方のために「ブログテンプレート」を用意しました。街の紹介、施設紹介などのお役立ちコンテンツのテンプレートです。


タイトル、見出し、記事がSEO対策ができています。〇〇の箇所を穴埋め式に書き換えて利用するだけでSEOに強いブログが簡単に作れます。

ぜひ、ブログテンプレートを利用してコンテンツをどんどん増やしてください。

スマホで操作できます。小さな不動産会社は無敵です

ドリームXは

・物件登録も

・コンテンツ(ブログ)も

完全スマホ対応です。

 

・アンドロイドや

・iPhoneでも利用できます。

 

『いつでも・どこでも・どの端末でも』あなたの会社のホームページは営業中です。小さな不動産会社には小さいからこそのやり方があります。

だから小さな不動産会社は無敵なのです。

Windowsだけでなく、Macでも動作します

いつでもどこでもどの端末でもこれがドリームXのキャッチフレーズです。


最新のクラウドシステムなのでドリームXは端末を選びません。

・会社にいても

・出先でも

・自宅にいても

・お気にりのカフェやファミレスでも

操作が可能です。

利用料金はサブスク(月定額制)、いつでも気持ち良く解約できる

ドリームXの料金は、最近よく耳にするサブスク(月額定額制)です。賃貸版または売買版のどちらか初期費用0円の月額31000円(税別)で利用できます。利用して自社のやり方に適合しなければ、翌月には気持ち良く解約できます。

お支払い方法は、
・クレジットカード(世界一安全と言われているPayPal利用)と
・銀行振込
が可能です。


解約に伴うペナルティーやリース契約の時の残債返済などはございませんのでご安心ください。

こういうシステムは誰にも相性があります。解約理由をしつこく聞いたり、「もう少しやってみたら」なんて引き留めは一切していません。ヤメたい時は気持ち良くヤメていただくのがドリームワン のモットーです。

ご興味がございましたら、ドリームXをスタートしてみませんか?

全ての機能が利用できる1週間無料体験もございます。こちらから

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward