台風が発生接近するとページビューが増える不動産会社

台風が発生接近するとページビューが増える不動産会社があります。その会社は新しいホームページ開設直後のことです。

自分の営業エリアに台風が通過することを細かくブログで告知しました。今では、「地名 台風」で、その会社は常に上位に掲載されるようになりました。

そして驚くべきはホームページのページビューです。

開設1年で月間約2万PV(ページビュー)あります。

この小さな不動産会社は「台風情報」という価値あるコンテンツを自社オリジナルの財産に地元の人気店になりました。

台風情報はグーグルが高く評価する有益なコンテンツ

その会社の社長様は意識して台風情報をブログで発信した訳ではありません。たまたま、営業エリアを通過する可能性が高かったので(実際に通過しました)近隣の住人に知らせようとブログに書いたのです。

それがきっかけとなり、グーグルから評価される不動産会社になりました。台風情報や震災情報コンテンツはグーグルが最も高く評価する有益コンテンツなのです。


そのことを知らない社長様は、今もなお台風情報や災害情報をブログで発信しています。

台風が発生、接近するたびにページビューが増える

台風情報はグーグルだけでなく、誰にとっても大切で役立つコンテンツです。台風は毎年20回くらいは発生し、そのうちの数回は日本に接近上陸しています。

その会社のブログは台風が接近するたびに、多くの人に検索されています。結果的に台風が発生、その町に接近するたびにページビューが極端に増えるようになりました。


これこそ、役立つコンテンツを活用したSEO対策です。台風情報などの役立つコンテつによって、多くの人に検索訪問されページビューが増えることはビジネスに直接関係ないように思われますが、決してそんなことはありません。

地域で知名度を高める意味ではとても価値のあることです。グーグルは物件だけの売り込みばかり、商売っ気の強いホームページより、有益なコンテンツが多いホームページを高く評価しているのです。

台風情報は財産になり何年経っても検索され会社の知名度をあげる

この台風情報を書いた日を境に、その会社様のアクセス、ページビューは飛躍的に増えました。開設1年足らずで、現在は月間約2万PVです。

2万PVくらいになると安定的にお問合せが入ります。新しい募集依頼も増えます。

 

でも社長様は決して身の丈以上の経営はしません。お預かりしている管理物件の入居を増やすことを使命に「ひとりでやっているから断っている」と言います。

 

町の小さな不動産会社が台風情報をブログに掲載したことで、何年経っても検索されるようになりました。そして、その会社様はそれ以来、地域では知名度が高い不動産会社になりました。


その役立つ多くの台風ブログをグーグルが役立つコンテンツと高く評価しました。物件だけの、売り込みのための、商売っ気の強いホームページをグーグルはなぜか評価しません。(スポンサーになれば別ですが)

グーグルを味方につけて、これからの長い時間安定的に効果的にホームページを運営するな見習って欲しい事例ですね。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward