ブログの検索順位はときどき落ちることもある

ブログを運営していると、検索順位が気になって毎日確認してしまう人がいます。上がっていればいいのですが、下がった時には精神的に良くないからです。

ブログはどうしてもたまには順位が下がってしまうものなのです。だから権索順位で一喜一憂することはありません。

検索順位はいつも変動する

小さな不動産会社のブログの最終的な目標は「不動産会社のホームページの知名度を上げて、ホームページにたくさんの人を集めること」です。そのために短期的な目標として「アクセスを増やすためにGoogleでの検索順位を上げること」です。

そこで不動産会社の中には毎日Googleの順位チェックをする人がいます。たまにチェックするならモチベーションの向上や内容の検討につながるのでいいのですが、あまり頻繁にチェックしてもいいことはありません。

毎日チェックするのは検索順位ではなく、アクセス数です。

検索順位は上がることも下がることもある

実は、Googleの順位は上がることも下がることもよくあります。もちろん正しい方法で読者のためのブログを地道に更新していれば最終的には上がるのですが、たまにぐっと下がることもあります。

このとき注意すると、自社のブログだけでなく他の多くのWebサイトやブログの順位も大きく変動しているのがわかります。これは「アルゴリズム変更」などと呼ばれ、Googleが検索順位を決めるプログラムを変更したときに起こります。

「読者のためになるWebサイトに高い点数を与える」という原則は変わらないのですが、細かい順位付けの規則がときどき変更されるのです。変更結果を見て、また規則が元に戻されて順位も戻ったり、そのままだったりもします。この結果、大小の変動が不定期に起こります。細かい変動は毎日起きています。

Googleの検索プログラムは日々修正されています。心配は無用です。

一喜一憂しないで長期的に考える

変動に巻き込まれたからといって、そのたびに対応する必要はありません。長期的に読者にとって役立つブログを作成していれば、あまり下がりすぎることはないからです。

凝ったSEO対策やテクニックを駆使するのは大変です。時にはそのテクニックが順位を大きく下げていることもあります。

だから目先の面倒なテクニックは使わない方が後々良かったということもあります。長期的に読者のためのブログを作成していれば、ブログ作成もラクな上に順位も下がりにくいのです。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward