どうしよう! 売買仲介専門店に賃貸管理の相談が

先日のことです。売買仲介専門店のA社に賃貸物件を所有する不動産オーナーから賃貸管理の相談が入りました。ひと月に3人のオーナーから。

売買のことなら売却、仲介ともに『ドンと来い』のA社長は悩みました。その結果は

不動産オーナーの悩みをブログで発信したら、相談が

A社長は2年前からブログを書きはじめました。賃貸物件を所有する不動産オーナーが増え続ける空室で悩んでいる記事をちょくちょく書いていました。

A社長は空室で悩む不動産オーナーが物件を売却するならA社に相談して欲しいという狙いでブログを発信しました。でも相談のメールはA社長の意に反したモノでした。

賃貸管理の経験がないから断るかどうか悩む

賃貸管理の経験がほとんどありませんでした。独立する10年以上前に数年間だけ不動産会社に勤務していたことがあるA社長は、その時2、3年だけ賃貸管理を経験しました。

賃貸管理と言っても入居希望者の内見や入居者からのクレーム対応程度です。今更、賃貸管理なんて無理と断ってしまおうか、それともこれを機会に賃貸管理をやってみようかと悩みました。

順調にいけば、2棟30部屋になります。定期的な収入がないA社にとっては喉から手が出るほど安定収入です。さあどうするA社長。

毎月安定した収入を得るために賃貸管理を受託する

不動産のプロと言っても、売買のプロは賃貸管理のプロではありません。一人社長のA社長が経験が少ない賃貸管理にいきなり手を出すのは勇気がいることです。

でも、どうしても安定収入を得たいのであれば、まだ若い(40代)A社長、今後の不動産ビジネスを考えれば、賃貸管理に挑戦することは大きな転機とチャンスかもしれません。

ブログを発信していると思わぬことが起きることがあります。このようなことがあっても冷静にビジネスを展開できるように日頃から準備しておくことが必要です。

 

ちなみに、A社長は1棟12部屋の賃貸管理を受託して奮闘しています。今はさらに勢いがついて、賃貸管理会社で勤務していたスタッフ(パート)を採用してもう1棟の賃貸管理の受託の話が進んでいます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward