【保存版】1年で地域1番の有名不動産店になれるブログ集客法

Vol.3 不動産ポータルサイトを使うメリットとデメリット

街の小さな不動産会社は

物件に集中する前にネット上で

自社の知名度をあげることが大切です。


ネットには

たくさんの不動産物件が

一度に見られるサイトがあります。

 

ホームズやSUUMO、アットホームなどです。

テレビCMもよく流れているので、

使ったことはなくても、

名前はよく知られていると思います。

 

これらは

不動産のポータルサイト

と呼ばれている不動産まとめ広告です。


不動産会社が

ネットを活用するときに最初に考えるのは

ポータルサイトへの登録でないでしょうか?


ここでは

ポータルサイトを利用する

メリットとデメリットをご紹介します。

不動産会社と不動産オーナーのメリット

不動産ポータルサイトはたくさんの人に、

街の不動産会社が取り扱う物件を見せることができます。

 

テレビCMなども打っていて知名度があり、

全国から多くのアクセスが集まります。

アクセスしてくる人の多くは、

自社のことを知りません。

 

ネットのない時代は、

近所の人にしか自社の物件を

見てもらえませんでしたが、

ネットがあれば遠隔地からでも

自社の物件を見てもらえます。


掲載数で料金が変わったり、

掲載数は無制限で、

反響数に応じて課金されるものもあり、

自社に合ったプランが、

活用できるメリットがあります。

不動産会社と不動産オーナーのデメリット

ポータルサイトでは、一度に

たくさんの物件を見ることができます。

ライバルと同じところに整列(戦う)しています。

お客様もたくさんの物件に目移りします。

また一つの物件を複数の不動産会社が掲載しています。

そのため掲載しても自社への現実的な集客には

なかなかつながりません。


ポータルサイトは、

掲載している不動産会社の広告費で成り立っています。

 

手数料の額で掲載件数が決まります。

当然ですがたくさん掲載すると

広告費の出費が増えます。


物件が重複しても

掲載数が多くなればなるほど、

運営会社が潤います。

 

登録した物件に、

反響があっただけで、

家賃の比率で課金されるものもあります。

 

高い家賃の物件に反響が入ると、

高額な費用になります。

 

そのため成約しても

利益につながらないことがあります。

お客様側のメリット

1つのサイトで

いくつもの物件を見ることができます。

 

以前なら、実際に

いくつもの不動産会社を見て回る必要がありましたが、

ポータルサイトなら条件を入力するだけで、

希望に合った物件を見ることができます。

遠隔地からでも、

引越し先のことがよくわからない人でも、

現地に行かなくても

いろいろな物件情報を見ることができます。

ポータルサイト内では

不動産会社同士の競争があるために、

不動産会社には聞きにくい「わがまま」な条件でも、

遠慮なく検索条件に入れて絞り込むことができます。

お客様側のデメリット

ポータルサイトは物件を見るだけです。

その地域の土地柄や住み心地など、

細かい情報はわかりません。

カスタマイズ性がないので

条件に合ったところが掲載されていたとしても、

検索条件以上の情報は手に入りにくいです。

 

ポータルサイトだけでは、

訪問する基準にはなりません。

物件に当たりを付けて、

その後、その物件名や住所などで検索して

取り扱う不動産会社を探すのが主流です。

 

つまり、

ポータルサイトは物件を探す消費者側から見ると、

物件の目次、索引の役割になっています。

不動産ポータルサイト「ご利用は計画的に」

ポータルサイトは広告です。

街の小さな不動産会社は、

ポータルサイトの利用は計画的に行いましょう。

どこかのTVCMのようですが。

高額な手数料がかかるうえ、

自社のホームページに資産として残らないで、

費用を払い続けつけないと怖くなるからです。

 

広告による集客は即効性が高く、

広告を出したその日から集客が見込める

という狙いがあります。

そもそも、広告は

高額な広告費を払わない(払えない)

小さな不動産会社にとっては救いです。

 

例えば、

テレビ広告や新聞折込チラシは高額で

誰もが高額な費用を払えないから効果があるのです。


しかし、

不動産ポータルサイトの場合は

近隣で多くの同業者が利用しています。

これでは効果が年々薄くなります。

 

最近は多くのオプションがあり、

年々高額になっています。


さらに、ポータルサイトは

広告をやめた瞬間に集客力が落ちてしまいます。

 

そのためには、

資産になる自社のコンテンツを発信して、

ブランド戦略やきめ細かいサービスで

「顔の見える不動産会社」を目指したいですね。

 

自社のファンを増やせば、

固定客をベースにした息の長い経営ができます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
store

会社概要

不動産ホームページ集客ブログ
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward