借りてやるから、こっちの言い分を聞け 的な客は無視するに限る

「お客の横暴、暴言に耐えられない」という不動産会社が増えているようだ。非常識な客客の言動や恫喝に怯え、従業員が辞めていくケースもあると聞く。

客だから何をやっても許されると勘違いをしている人たちがいる。果たして、お客は神様なのか?

ペット不可なのに、ペットを認めろと不動産屋を脅す客

「猫1匹くらい飼ったって、どうってことナイのに、誰にも迷惑にならないでしょ! 何で飼ってはダメなんだ。だったらホームページでペット不可と記載しなさいよ」と不動産会社に食ってかかる客がいる。

その物件に入居している他の入居者は、アレルギーがあってペットが飼えない物件だから、動物がキライだからという理由で入居している人もいるということが理解できない、自分本位の客が近頃は多い。常識が通じない世の中になってきた。本当に困ったものだ。

「入居した後で飼っても入居してしまえば、こっちのもの」と安易に考えている人も多い。でもこれは明らかに契約違反であり、家賃滞納などとは次元が違う、即退去事項になる問題です。だから契約時や重要事項説明の時に即契約解除になることをで説明しておく必要がある。そういう人に限って、「聞いてない。見ていない。出るとこ出ろ」というからだ。

特に近頃は、電子契約やネット重説の場合にこのようなケースが多くなったという。お得意先では、そんなことを危惧して、電子契約やネット重説、自動更新は行わないで、必ず対面で行う管理会社がある。

だから、そのようなトラブルが起きていないという。時代の変化に素早く乗っかってしまうのも考えモノなのだ。

そんな人に対しては、毅然とした態度でのぞみましょう。

やたら家賃交渉やフリーレントを要求する客に要注意

家賃や入居費用にめちゃくちゃうるさく神経質に要求する人や仲介業者がいる。そんなに人に限って、入居後に家賃を滞納することが多い。数千円の家賃を値切っておいて、数十万円を滞納するケースだ。

こういう客の滞納対策のために、入居審査の際に保証会社と連携して、事前に情報を得ておくことが必要である。場合によっては、「募集条件と違うので、契約はできない」と早めに言っておいた方が後々に厄介な問題を防げるからだ。

やたら家賃交渉やフリーレントを要求する客や仲介業者は要注意だ。

契約前に面倒な入居者ほど、入居後にトラブルになるケースが多い

近頃は、他の部屋の迷惑を考えずに室内で大声や大騒ぎする入居者がいる。コロナの影響で、室内で過ごす時間が増えたことも影響している。

そのせいもあり、声、子どもが室内で走り回る騒音や振動などに過敏になっている。リモートワーク、テレワークの普及で入居者の生活も多様化しているせいで、深夜でも平気で大声で電話や室内を歩き回る入居者が多くなっている。

「深夜でも、◯◯号室から電話の声がうるさくて眠れない」「夜中にシャワーを浴びている。禁止させて欲しい」など管理会社へはクレームの連絡が絶えない。

入居者間で大きなトラブルが発生しないうちに、共用廊下やエントランスに連絡事項を表示するなど、早めの対処が必要だ。これからは常識的な社会生活とは何かを考えて、入居者の選別して契約する必要がある。

お客は神様だという、企業理念は捨てた方が良い。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward