借金は救いの手ではない

新型コロナも5波が過ぎ去って2ヶ月毎にピークと底を繰り返している。今までの流れからすると、第6波が来年1月以降にやって来ると言われています。

去年の春先に比べてコロナの怖さは薄れてきました。しかもワクチンは打ったし、手洗いやうがいは習慣化しているし、外食や遠出もしないから大丈夫、この緩みは仕方ないかもしれないですね。

業種や業態が問題ではない。儲かる会社と儲からない会社があるだけ

コロナは不動産業界は飲食店や旅行業のような、深刻な状況に陥ることはなかったように思います。撤退した店舗跡に新しいお店が入居しはじめています。

コロナ禍でもセルフ式やキャッシュレス決済、アイデアを駆使して人件費を削減して売上や収益を増やしている企業や商店もある。

業種や業態で好不調があるのではなく、どんな状況になっても「儲かる会社と儲からない会社がある」ということみたいです。

コロナ禍で管理戸数を伸ばす会社は◯◯をやっている

不動産業も同様です。現に弊社のお得意先でも、コロナ禍で管理戸数を増やす会社があります。ブログやホームページで積極的に『自社をアピール』(上記見出しの◯◯の答え)しています。

決して、コロナだからと言い訳をしていません。己の道を信じて前進する企業しか生き残れないことを経営者、従業員が共有している会社はどんな状況になっても強いです。

借りた金は返さなければならない。借金は救いの手ではない

コロナで金融機関の融資は緩くなったと言います。でも借金はいつの世も借金です。天から降ってきたわけではないし、期限が来れば返さなければならないお金です。”そんなこと言われなくても分かっている”ですよね。

でも借金すれば、キャッシュフローは返済月からマイナススタートになります。商売はいい月もあれば悪い月もあります。一律ではありません。でも返済は期限まで一律です。

だから借金は救いの手にはなりません。何とか自力で乗り越える知恵を働かせましょう。見栄と欲を捨てることができれば意外にも解決方法が見つかるかもしれません。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward