コロナ禍で伸びる会社と伸び悩む会社

今、経営が芳しくない不動産会社は何もコロナの影響だけでなさそうです。10年以上も前のリーマンショックを乗り切った不動産会社は、その後の金融緩和で銀行などから積極的に借り入れをして不動産投資に打って出て、勢いがありました。少し前までは。

借入れを増やした不動産会社は多額の返済に対して、コロナの影響で消費が落ちたことも影響して収支バランスが崩れました。その結果、営業力や資金力が乏しい不動産会社がいま経営不振に陥っています。

地元の大家さんから賃貸管理を委託される会社

先日、私のこのブログにご報告をいただいたA社さんはコロナの間もブログを書き続けました。そして2棟の賃貸管理を受託しました。

いま、不動産オーナーは近隣に競合する賃貸物件が増えて空室に怯えています。そんな時にブログを活用して、怯える不動産オーナーにやさしく寄り添う不動産会社が空室対策で相談され、賃貸管理を受託します。

この一連の流れで受託するには少し時間がかかりますが、多額な広告費を払うこともなくブログの記事の積み重ね、記事数で効果を得ることができます。やれば響く打出の小槌です。

売上なんて二の次、まずは顧客に寄り添う

私たちはとかく目先の売上ばかり見て営業しがちです。たしかに営業して売上が上がることを目的にすることは間違いではありません。

誰もがホームページを持つ今の時代は、いきなりお客さんがやって来て「これ買います」とはなりません。いろんなインターネットでモノを比べて、徹底的に調査して、いざとなっても買わないのが今のお客さんです。本当に厄介な時代です。

インターネットやホームページを活用してお客さんからモノを買ってもらうには時間が必要です。お客さんのワガママ(顧客ニーズ)をこれでもかと受け入れます。そこで双方が納得したとき初めて商売が成立します。

この面倒な駆け引きを短気にならず気長に対応できる人が勝利を手に入れます。ある意味でコロナは、勢い良く一気に駆け抜けようと競争していた人たちに、一度立ち止ませることを教えてくれました。

今この時代に困っているのは不動産会社だけではありません。増え続ける賃貸物件にはじき出され、空室で困っている大家さんがたくさん誕生しています。

目先の売上を考える前に、今こそ空室で困っている大家さんに寄り添うことができる不動産会社なることが経営の安定化につながります。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward