無償で教える、顧客を励ます、勇気を与える

ページビュー(アクセス数)が伸びない。このままじゃあインターネットで商売ができない。

そんな相談がたまにあります。ではどうすればネットで商売できるようになるのでしょうか?

売れる商品を取り扱っている店を探す

もしあなたがホームページで不動産物件を購入または借りる場合は、どんな不動産会社から買うでしょうか? 借りるでしょうか?   

一般的に消費者がネットで不動産を購入、借りる場合を想像してみてください。

まずは自分が欲しい不動産を取り扱っている不動産会社を地名と専門性、得意性のキーワードを入れて検索するはずです。そのためには検索されやすいように、ホームページやブログなどのコンテンツを作っておくことが重要です。

売るのは商品(物件)じゃない。あなた自身です

じゃあ、不動産会社の場合ホームページで不動産物件を何でもかんでもバンバン紹介すれば良いかというと、そうでもないのです。

近頃の不動産探しの傾向として、ホームページに物件を1件も載せていないのに、対応しきれないくらいの相談や問い合わせがドンドン入ってくる会社があります。そして近年その傾向が強くなって不動産会社の顧客獲得格差が広がっています。

つまり今のお客さんは不動産を見つける前に、安心して信頼できる不動産会社を探して、その会社と一緒に不動産を探すというようになってきました。

どうせ買うなら、あなたから

これは、従来から欧米の不動産取引で見られる「エージェント」の仕組みです。遅ればせながら、このエージェント化が日本でも拡がりつつあります。

お客さんは商品である不動産より先に不動産会社を何社か探し出し、質疑応答しながらマッチする不動産会社を絞り込んでから訪問面談して不動産会社を決める。不動産会社を決めてから内見を経て契約するというのです。

何となく面倒なようですが、お客さんにすれば生涯何度もあることではないので慎重になるのは当然です。これからはそんな少し厄介でワガママなお客さんに対応できる不動産会社が選ばれ生き残るのです。

不動産会社の担当者は宅建士に限らず、FPや相続、建築のアドバイスに至るまで専門の資格と経験と知識が求められるようになっています。どうせ買うなら(借りるなら)『この店のこの人から買いたい(借りたい)』と思ってもらえる不動産会社です。

以上がエンド客に対する対応ですが。これからは

エンド客より不動産オーナー、大家さんを囲い込め

不動産を買いたい、借りたいエンド客だけでなく、一歩踏み込んで、不動産オーナーや大家さんを囲い込む不動産会社を目指しましょう。今までは地元で長くやっている不動産会社や規模がある程度大きな不動産会社が優位でしたが、これからは規模の大小より、問題解決力があるかどうかです。

不動産を所有するオーナーや地主の悩みが大きくなっています。

その激動する変化に対応する不動産会社が求められる時代になります。会社の規模や総合的な取扱業務より、分野に特化した得意性や専門性を持つ不動産会社が求められるようになります。

分かりやすく言えば、規模が大きくて小回りが効かない不動産会社より、小さくても直ぐに現地に駆けつけたり、家賃滞納者に毅然とした態度で臨む管理会社などです。そのことをブログなどのコンテンツで表現できればページビューは大幅に増えます。

但し、ただダラダラ自慢話のように書くのではなく、共感を得られるように表現してください。読者を励まして、安心してもらい、勇気を与えることを考えて書いてください。必ずお客様が相談にやってきます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward