1日10人以下のホームページを100人に増やす方法

「新しくホームページを開設して3ヶ月。1日の自社ホームページ訪問者が4、5名です。もっと訪問者を増やす方法を教えてください」とお得意様ではありませんがメルマガ読者の不動産会社様から電話でご相談がございました。

短期間でホームページのページビューを増やして、グーグルに評価される方法をご説明しました。

ホームページ訪問者を増やす方法

広告を利用しないでホームページ訪問者(アクセス数)を増やすのは、さほどむずかしいことではありません。多少の時間がかかりますが、月間1000PV(ページビュー)くらいなら、ブログを活用すれば1、2ヶ月で可能です。

ただし、3000PV以上にするにはブログでマーケティングをするとイイでしょう。

そのマーケティング手法とは、

・読者(ターゲット)を明確にして、

・読者の悩みや問題を解決するための記事を

・読者に対してあなたの経験、知識、専門性で

・グーグルが指定するブログの書き方ルールに沿って書きます

 

この方法を活用して週に最低でも3〜5記事を書き続けます。

自社ホームページは月間3000PVから1万PVくらいまでアクセス数を増やすことができます。1万PVくらいを越えると、グーグルはあなたのホームページを高く評価をするようになります。

1、ブログ読者(ターゲット)を特定する

これはブログを発信する際に一番大切なことです。

まずは読んでもらいたい人を特定します。書いたブログ記事が、実際に決めたターゲットに読まれなくても同じ境遇のかたは必ずいるのでかなりの人に読まれます。

ターゲットが絞り込むことができればページビューは一気に増えます。もし、ページビューが増えないと悩んでいる時は、大抵ターゲットが絞り込めていない場合が多いです。

悩みや問題を解決するコンテンツとは?

悩みや問題を解決するコンテンツは不動産のことばかりではありません。地域の施設やイベントなども含まれます。

例えば、インフルエンザの予防接種ができる医療機関や花粉症で評判が良い地域のお医者さん紹介は季節限定のタイムリーな情報なのでグーグルに評価されやすいコンテンツです。

フリーマーケットなどの地域イベントは何年経っても検索され続けるコンテンツです。地域で他のホームページやブログで紹介していない稀少な情報はヒットしやすいコンテンツです。

不動産に関係ないから意味がないと思うかもしれませんが、そんなことはありません。「いつも役立つブログを書いている真面目な不動産屋さん」と思ってもらえることが大切です。

それこそが地域で安心で信頼される人気の不動産会社の条件です。どんな記事でもブログを書くことはネット集客でムダはありません。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
store

会社概要

ドリームワン株式会社
photo

メルマガ SEOに効く不動産ブログの書き方

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward