ポータルサイト月25万円から10万円に減らした。その効果は?

大手不動産ポータルサイト3社を利用していたA不動産は、年間の広告費は300万円を超えていました。毎年赤字続きで社長の報酬は社員の給料以下でした。A社様は思い切ってポータルサイトを1社に絞って広告費を従来の半分の年間150万円に減らしました。

その結果は?

ポータルサイトは月25万円から10万円に減らした。その効果は?

結果は、1年間でポータルサイト経由の来店客は1件。それも成約には至りませんでした。でも広告費を半分にしたことで会社は黒字になりました。今は、広告費をゼロにしてさらに経営が安定しました。


この内容はこうです。

1昨年まではポータルサイト3社を利用していたA不動産。ポータルサイトに毎月25万円の広告費をかけていました。

それでもほとんど反響はなく、成約もできませんでした。昨年は思い切って経費削減をしてポータルサイトを1社に絞り広告費は毎月10万円に減らしました。

昨年の結果は、ポータルサイト経由の反響は1件、成約はゼロでした。つまり広告費を月に25万円でも、10万円でも結果は変わらなかったということでした。

これが町の小さな不動産会社の現状です。それでもポータルサイトを使い続ける理由は?

効果が無くてもポータルサイトを使い続ける理由

多くの不動産会社は反響や成約の有無に関わらず、広告費は仕方ないと諦めています。ポータルサイトは見込客や大家さんが見ているかも知れないし『ひょっとしたら』という気持ちで載せています。

『ひょっとしたら』という思いは誰にもあります。不動産会社がポータルサイトをヤメられない気持ちです。“ひょっとしたら”という思いは、まさにネット集客の運を天に任せるようなものです。

それに近所の同業者がポータルサイトに載せていると「同業者への競争心」と「やらない不安」、「少しはやっているという見栄」が効果が無くて広告を続けることを後押しします。だからなかなかヤメられません。

ここから抜け出したらそれ相当の利益を確保して、赤字体質から脱出して黒字経営が可能と分かっていても・・・。

毎日ブログを書き続けて6ヶ月、ひと月で4組成約

赤字で苦しんでいたA不動産はさらに、毎月10万円前後だったポータルサイトを全部ヤメました。その役目をブログに託し発信し続けました。

「毎日ブログを発信していて6ヶ月が過ぎようとしていた頃。電話による問合せがひと月で5本鳴りました。お客様に問合せ理由を聞くと『ブログを見た』というのです。その時初めてブログは読まれていることを知りました。それまで紹介以外に成約がなかったのウチが、ブログ経由の問合せ5組のうち4組が成約しました。いつの間にかブログが営業していました。そしてブログ客は成約率が高いことを実感しました」


ご報告をいただいた問合せや成約には根拠がありました。それはブログを開始して3ヶ月が過ぎたことからアクセス数が急に伸びたことです。ブログ開始して6ヶ月経過していきなり問合せが入りました。


問合せがあったお客様は「ブログを読みました」と口を揃えて言いました。物件紹介では会社の信頼性や人柄を表現するのはむずかしいですが、毎日発信したブログはいとも簡単にそれができてしまいます。

だからブログ経由のお客様は来店率・成約率が高い理由です。あなたの会社でもブログ集客始めませんか?

売上を落としても、利益を増やす経営をする

これからの会社経営は、借金までして会社の規模の拡大を目指すより、無借金で会社を如何にコンパクトにして、利益が上がる仕組みを作ることを目指すことです。

銀行が融資してくれるからとか、低金利だから借金をする。それで会社を移転して、従業員を増やして会社の規模を拡大することがコロナの前の会社経営でした。

しかし、コロナが起きてからは、従業員が会社へ出社しなくても、マンパワーが無くても会社が回ることが判りました。都心で高い家賃のオフィスや店舗が必要ではないことに多くの経営者が気づきました。

無借金経営の会社なら、売上が下がっても、経費を落とすことで、利益がコロナ前より増えました。これからの会社経営は、企業規模の拡大を競うことでは無く、少ない売上でも、利益は上がる仕組みが作れるかということになります。確実にそうなるはずです。

たとえ、コロナが終息してもこの流れは変えられないでしょう。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
store

会社概要

ドリームワン株式会社
この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページのお悩みを教えてください

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward