ホームページに物件をたくさん掲載したけど反響がない

ホームページに物件をしっかり掲載しているのに、問い合わせも相談も、もちろん来店もない。このままではやがて会社は立ち行かなくなる。そんな危機感を感じている不動産会社の社長さんは多いです。

町の小さな不動産会社のホームページで大切なモノは何でしょうか? 

相談やお問い合わせなどの反響でしょうか?  それとも反響を飛び越えて来店や成約でしょうか?

一時的な反響や集客より、いつも相談や来店が絶えない仕組作りを

お得意様でホームページで千客万来の会社様が多くあります。

その会社様の特徴は

1、年間100組以上は自社ホームページで成約している

2、ホームページを複数のスタッフで運営している

3、管理会社で管理物件だけしか掲載していない

4、スタッフが交代でブログを発信している

5、ブログのファンが多い

6、ポータルサイトなどの広告費をほとんどかけていない

7、ホームページのページビューが多い

しかし、ここに至るまで何年もの時間をかけています。目の前の一時的な反響や集客にこだわらずにコツコツホームページを育ててきた結果です。

今では、安定的に集客できるようになりました。

 

反響や集客より大切なモノとは?

ポータルサイトなどの広告費をほとんどかけずに、ブログを書き続けたことに注目したいです。その大きな要因はグーグルは積極的にブログやコンテンツを評価するからです。ありがたいことです。コレで会社の規模の大小に関係なく顧客にホームページを見つけてもらうことができます。

顧客にホームページを見つけてもらうには、物件だけを載せても無理です。物件情報は検索結果で評価していないからです。


今、弊社のお得意様の多くがブログを書き続けて、キーワードで検索されてホームページへ顧客を誘導しています。その結果、アクセス数を増えてが安定的に反響や来店客を集めています。集客の仕組みができると経営が安定します。

このように、目先のお問い合わせや来店に集中するより、日頃から安定的に効果を上げるにはページビューを増やすことが大切です。ページビューが増えるとグーグルに「有益なホームページ」と評価されるのでネット上で知名度が上がります。

知名度が上がるとさらにページビューが増え、好循環が生まれます。

・ホームページの目的は知名度を上げることです。

・知名度を上げるにはページビュー増やすことです。

・ページビューが増えるとグーグルに評価されます。

・ページビューを増やすにはブログが最適です。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward