ホームページのアクセス数が増えると経営が安定して社長が元気になる

社長様からお聞きしました。

「5年間もホームページを運営している。

月間1000PVを超えたことがない。

この5年間は反響はほとんどない」

と言っていました。

広告費、経費で数年は苦しい経営が続いています。

そこで

アクセス数がもたらす影響力を調査しました。

イイ物件を掲載しても問合せが無い理由は

数年前は

人気物件を掲載すると

間髪入れずにお問い合わせが入りました。



今はどんなにイイ物件を登録しても

反響がない時代になりました。



原因は

ホームページがGoogleから評価されないからです。



時代は大きく変化していいます。

変化を素早く受け入れGoogleに評価される方法とは?

反響が多い会社はアクセス数が多い。多くの社長はアクセス数を診ていない

お得意様のホームページで

・お問い合わせが多く、

・集客も多い会社様は

・アクセス数が多いことです。

元気な不動産会社は

毎日のアクセス数をチェックしています。

一方、

多くの不動産会社の社長は

アクセス数をチェックしていません。

Googleアナリティクスを診ていません。


当然ですが、

ホームページのアクセス数に

数値目標がなければ、

アクセス数を増やすことはできません。

 

これは

ダイエットしているのに

体重計に乗っていないことと同じです。


反響が少ないのは

物件のせいではありません。

アクセス数が少ないからです

 

多くの不動産会社のホームページは下記の2パターンです。

・反響が少ない会社は「物件」が中心。

・反響が多い会社は「役立つコンテンツ」中心です。

 

反響が多い会社は

・お役立ちコンテンツをたくさん掲載して
・検索の間口を広げて
・アクセス数を増やしています。

理由は

1)コンテンツ(ブログ)はGoogleに検索されやすい。

2)Googleに検索されるとアクセス数が増えます。

3)アクセス数の多いホームページをGoogleが評価します。

4)Googleが評価すると知名度が高くなる。

 

結果として、

・アクセス数が増えると、

・Googleに評価され

・知名度が上がり、

・お問い合わせが増える。

の流れです

小さな不動産会社のホームページの目的は知名度を上げること

資金が豊富な大手不動産会社は今後も安泰でしょう。

反面、

・賃料の高い駅前の店舗で

・営業マンを抱え

・ポータルサイトに高額の広告費をかける

小さな不動産会社の経営は厳しいでしょう。

 

だから、

これからの安定した黒字経営するには

・賃料や人件費、広告費を抑えて

・ブログを発信して、お客と繋がることです。

 

ホームページは

・ブログなどのコンテンツ(ホームページの中身)を充実させて

・アクセス数を増やして

・会社の知名度を上げる

ことです。

ぜひチャレンジしてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士
arrow_upward