検索上位するには、ホームページの開示速度を早くする

ホームページを全ページhttps(常時SSL)にしたら、ホームページが重くなった。と言う相談がございました。

それはシステム開発会社かサーバー会社に相談することをオススメします。

ホームページの開示速度は検索結果に影響する

Googleはユーザーが不快に感じるウェブサイトを検索結果から排除しています。

それを考慮して「ホームページの開示速度は検索結果に影響する」と発表しています。

その現象は2018年夏から起きているとも言われています。

ではどうしたら、開示速度の速い遅いが分かるのでしょうか?

過去のドリームワンの記事(サーバーの開示速度が3〜4倍早くなりました)

過去のドリームワンの記事(ドリームX 最新の高速サーバーへ移行のお知らせ)

ホームページの開示速度をチェックしてみよう

あなたのホームページの開示速度をチェックすることができます。

下記の画像をクリックして、あなたのホームページの開示速度のチェックをしてみてください。

ドメインの速度テストはこちらから
ドメインの速度テストはこちらから↑
ドメインの速度テストはこちらから

スコアがAは問題なし、Bは要注意、Cは要改善

A:問題ありません。

B:要注意です。画像をアップする時など気をつけて時々チェックしましょう。

C:要改善、サーバーの運営会社に相談してください。

 

画像やコンテンツを増やすほど、サーバーが重くなり、開示速度がおそくなります。でも画像やコンテンツを増やさないとGoogleは評価してくれません。


Googleは本当に無茶を押し付けてきます。でもHTTP2.0の技術が解決してくれます。

Googleが要求する開示速度に対応できない場合がある

システムやサーバーによっては、Googleが要求する開示速度に対応できない場合があります。Googleが要求するレベルにシステムやサーバーの技術が対応できないからです。

 

それは弊社ドリームワンのシステムにもあります。ドリームXクラウドがそれです。

開発した頃のプログラムを、Googleの要求に合わせたり改良・改善すると対応するサーバーやシステムの機能が低下して動作しなくなるか、動作速度が重くなりします。

その後、ドリームワンが、時代の進化に合わせて最新の画像が劣化せずに表示する圧縮技術や高速サーバーを利用したドリームX(ジグソー)を開発しました。

 

新幹線の車両が在来線の軌道では走れないのと同じ現象です。時代の変化に合わせて新しいシステムが必要になりました。

 

画像やコンテンツを増やさないとGoogleは評価してくれません。しかし画像やコンテンツを増やすほど、サーバーが重くなり、開示速度がおそくなります。Googleは本当に無茶難題を押し付けてきます。でもHTTP2.0の技術が解決してくれました。ドリームX(ジグソー)に採用しました。

 

時代は刻々と進化しています。今後はさらにスピードアップします。開発会社も不動産会社の満足度とお客の満足度が乖離しないように開発しなければいけません。

 

システム各社もGoogleに対応するために開発をしています。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward