人と同じことをやるから相手が気になる。違うことをやれば気にならない

砂漠で最初に井戸を掘った人は深く掘らなくても水脈を掘り当てました。後から井戸を掘る人はもっと深く掘らないと水脈を掘り当てることができなくなりました。今不動産ホームページでも同じようなことが起きています。

他社と同じことをやることは、比べること競争すること

・近所のあの同業者が360度動画がある、

・駅前のあそこの同業者はVRをはじめた、

・どこそこは1万物件を掲載している、

・老舗の管理会社はポータルサイトで地元1番物件を登録している。

と他社が気になります。

 

でもそれがどうしたと言うのでしょうか? 恐らく近所の同業者は集客ができなかったから、それをやっているのです。

人は人と同じことをやるから相手が気になります。この精神状態で商売を続ければ永遠に競って比べて戦い続けることになります。

いつか相手がそのやり方をやめた時に「やっぱりあの方法はダメだったんだ」と気づくでしょう。つまり相手がダメなやり方は自分にとってもダメなやり方だということです。

一層のことこっちは、他社と違うことをやりましょう。そうすれば競わず、比べず、戦わずに済みます。

他社と同じことをやって競争しても、勝ち目はない

もう一言付け加えます。近隣他社と同じことをやって競争しても勝ち目はないということです。競わず比べず戦わないことで不戦勝経営ができます。

ホームページ集客が上手く行っている会社は他社と違うことをやっていることに気づきます。

地元で他社と違うことをやれば、地域を独占できる

もし、あなたがブログで

・あなたの会社のプロフィール、自社をアピールするブログ300記事

・地元の地域のイベント、施設を紹介するブログ300記事

・あなたの不動産業務の経験・知識・専門的ブログ400記事

の1000記事がネット上にあれば、あなたの会社を見つける1000個の検索キーワードの窓口ができます。そうなれば、あなたのホームページは少なくても月間10000PV以上のはずです。(恐らく月間20000PV以上でしょう)

その数値があれば、地元では一番の有名な不動産会社のホームページになっているはずです。時間をかけて築いたこの数値はそう簡単には落ちません。また近所のどんな不動産会社がお金をかけて広告しても追いつけません。

そうなれば、ネットでは地元を独占できます。あなたの会社もこれをやりませんか?

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年前から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産ソフト「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の81%のお得意様が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、フィナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
※いたずらメール防止のため、ご協力をお願い致します
arrow_upward