6ヶ月で月間10000PV(ページビュー)のブログの書き方

「ブログを書いているのにアクセス数が増えない。いつになったら月間1万PV(ページビュー)になるんだ」と怒る社長様からご相談がございました。

月間1万ページビューになれば地元では1番か2番のネット上の有名店です。下記のようにやれば誰でも半年から1年でなることができます。

ブログの記事数が少ない

ブログのアクセス数を増やすには記事数はとても重要です。ブログは下記のようなGoogleのブログ検索ルールに従って記事を発信すれば、順位はともかくほぼGoogleにインデックス(登録)されます。

アクセス数が少ないホームページの最大の要因は「ブログ記事が足りない」からです
。つまりどうしてもアクセス数を増やすなら、とにかく記事数を増やすことです。

1記事の文字数が少ない

発信したブログ記事の文字数が少ないとGoogleはあまり評価をしてくれません。これについて説明します。

Googleはユーザー(読者)滞在時間を評価しています。つまり記事の文字数が少なくなればユーザーの読む時間が短くなります。

これが文字数が少ない記事は評価が低い原因です。反面文字数が多いほどGoogleは評価するのかというと、数年前にはそういうこともありましたが今はそうではないようです。

どのくらいの文字数が良いかというと。少なくても700字以上、1500字は欲しいですね。良い方法があります。それは、最初は700字で発信しておいて、後で記事の内容を追加して文字数を増やす方法です。

これはSEO的にも効果があります。ぜひやってみてください。

タイトル、見出しがキーワード検索されない

ブログで最も大切なことは、『タイトルと見出し』です。ブログの場合、タイトルにh1タグ、見出しにh2というタグという信号が付きます。

このタグがあると検索ロボットはあなたのブログを誰よりも最優先で見つけてくれます。

Googleの検索ロボットは日に何回も巡回しています。その際、検索ロボットは発信されたブログ記事のh1タグ、h2タグを探しています。

このタグが設置されていれば検索ロボットはタグを瞬時に見つけてブログを評価する役目があります。

写真に「alt:代替テキスト(写真の説明文)」がない

もう一つ、見落としがちなことがあります。それは写真の説明文です。通常オルト(alt)と呼ばれています。

どんなに検索ロボットが優れているとは言え、どんな写真かは理解できません。だから写真に説明文(代替テキスト)を入れてあげる必要があります。

写真の説明文は入れなくてもイイという方は多いです。でも実は写真に説明文を入れると、その写真はGoogle検索結果の「写真」に表示されます。

あなたは、検索した結果、「すべて」という文字結果より「写真」という結果をクリックする回数が増えていませんか? そうです。近頃は検索結果を「写真」にする人が増えています。

恐らく検索結果の30%くらいは「写真」になっていると思います。これからももっと増えるはずです。

ぜひ、写真には説明文を入れてください。

ルール通り毎日ブログを書けば1年で月間1万PV(ページビュー)は可能

では、ここでまとめます。

もし、あなたがホームページを月間1万ページビューにしたいなら、上記のルール通りに毎日ブログを発信してみてください。最長でも1年、早ければ6ヶ月で達成できるはずです。

月間1万ページビューになれば地元では1番か2番のネット上の有名店になります。今どうしてもページビューが伸びないと悩んでいるなら、ぜひ上記を検証してみてください。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward