35年も首根っこ押さえられてイイ人生と言える?

現金で住宅を購入する人は少ないでしょう。ほとんどの人は住宅ローンを利用します。

購入したい家を見つけて住宅ローンを申請して審査が通ると、一瞬だけど世間いや銀行に認められたと錯覚します。でも銀行はお金を貸して利息で商売していることを忘れてはいけないのです。

40歳で家購入35年ローン、完済75歳。それが満足の人生?

住宅ローン完済平均年齢は2000年で68歳、2020年では73歳になっていると言われています。これで豊かな老後、穏やかな老後を迎えることができるのでしょうか。

住宅ローンというと聞こえはイイですが借金です。さらにフラット35というカタカナ言葉に惑わされそうですが、それって「35年間は銀行に首根っこを抑えつけられた」という手形を受け取ったということです。

一度しかない人生、果たしてそれで良いのでしょうか?人生は短いようでそれなりに長いです。借金で家を購入したために身動きが取れない人生で本当に良いのでしょうか?

例えば、40歳で35年間の住宅ローンを組んだ人は75歳でローンが完済します。運よく70歳くらいまで働くことができて、それまで給与収入があったとしても、後の5年間は退職金か年金で残りのローンを完済しなければいけません。

それまで運よく生きていたと仮定してですが健康や会社の都合、世の中の変化で働くことができないかもしれません。たとえ完済しても、76歳から新しい何かをやるという情熱があるのでしょうか? 本当に一度切りの人生を75歳から楽しもうというパワーが果たして残っているでしょうか。

逆算すると、60代で次の人生を始めるなら20代のうちに家を購入しないと人生は楽しくないかもしれません。

住宅ローンというプレッシャーに押しつぶされないために

私も同じような経験があります。

30代半ば過ぎに30年の住宅ローンを組んで住宅を購入し毎月ローンを返済していました。ある日銀行から送られてきた返済書をじっくり見て、利息ばかり支払って元金がなかなか減っていないことに驚きました。

それまでなぜじっくり見なかったかというと、仕事が忙しかったという言い逃れと、どうせ分かっている内容だから見てもしょうがない。いや本音は見るのが怖かったからです。一度組んだ住宅ローンだ、見たからと言ってどうなるモノでもないと諦めていました。

登記簿謄本には銀行が抵当権を設定してあり、自分が住む家であってもローンが完済するするまでは自分の持ち物ではないということが記述されていました。住宅ローンは銀行が儲かるようにできている仕組みなのだと愕然としたことを覚えています。

ローンの返済書を見ながら、それに気づいた時はローンを返済して既に10年が経っていました。少し考えて残りを完済すると翌日銀行に電話を入れました。

会社勤めから独立して10年は死に物狂いで働いて少しばかり蓄えもできていたので思い切って残債を返済して身軽になる選択をしました。当然銀行からは引き止められましたが、翌月末に手続きを完了し、所有権移転登記も済ませ抵当権が抹消されました。

その時、10年間も抑えられていた首が突然解き放たれたという解放感は今でも忘れられません。あの時に完済せずにあのまま返済し続けていれば、今頃やっと完済の年齢になります。

借金があったから頑張ることができたという話をよく聞きます。私にはそんな気持ちはこれっぽっちもありませんでした。

私は住宅ローンを完済してからが本当に伸び伸びと仕事を向かい合えたと思います。完済後はとても快適な20年でした。今思えば、とてもじゃないけどあと20年返済し続けるなんて考えられませんでした。住宅ローンというのはそれだけ人を萎縮させるのです。

誰だって住宅ローンに押し潰されることのない生き方をしたい

それじゃあ、家を購入しないで一生賃貸でいいのかといえば、それはそれで心配です。賃貸もその頃になると、高齢を理由に貸してくれないかもしれません。

その時はどうすれば良いでしょうか?

今なら、新築の物件となれば数千万円にもなるけど、都心から1・2時間離れ、駅から10分くらい歩く距離の中古物件なら数百万円でもかなり良い住宅が購入できます。自分で住み易いように手直しをすれば夫婦二人で残りの人生を年金でゆったり過ごすことができます。

今住んでいる場所を中心に住む地域を考えると行動範囲が限られますが、日本国内ならどこへ住んでも言葉や習慣は少し違っても生活することは可能です。住宅ローンに使うはずだったお金を、老後の生活に回せるように貯蓄すればかなり余裕のある生活ができます。

働く場所で住宅を購入していませんか

人は自分の死ぬ日を決めることはできません。でも仕事や働く場所、住む場所は自分の意思で決めることはできます。

今なら働き方によっては、会社に通勤しなくても給料がいただける仕事や企業もたくさんあります。働く場所に縛られて35年も住宅ローンで首根っこを押さえられるような人生は送りたくはないですね。できるなら。。。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問してインターネットを活用した自社ホームページ集客 成功の法則を見つけました。ドリームワンは小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」と集客のノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。この手法を活用すれば、一人社長の不動産店でも地元で知名度1番のホームページの運営が可能になります。ドリームワンは小さな不動産店でもホームページで知名度を上げるノウハウを蓄積してきました。ドリームX導入して6か月以上で導入会社が8割以上が月間3千ページビュー(PV)を達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するブログが好評です。ホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はドリームXを活用してブログ集客することをお勧めします。ドリームXは1週間無料で体験できます。ホームページ運営が楽しくなる操作や使い勝手の良さに驚いていただけるはずです。お気軽にお試しください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ホームページ集客について相談する

INQUIRY
必須
不動産会社ですか?
必須
必須
必須
arrow_upward