決まる不動産接客法4 グループ接客

決まる不動産接客法4回目です。

これは何が何でもお客を丸め込んでしまおうと言う怪しい接客法ではありません。

グループ接客がスムーズにできるようになると案内から成約が一気に増えます。

スタッフがいない一人のお店や歩合制の会社では無理です。特に素人の新人を育てるには効果的な接客法です。この手法が合わない会社も多いと思いますので参考程度に読んでください。

スタッフ2人以上のお店で可能です

社長とスタッフ、先輩スタッフと後輩スタッフ。スタッフ2名以上のお店ならグループ営業ができます。

 

1)最初は後輩スタッフ(先輩スタッフ)が1対1の接客をします。

2)途中で周辺環境や近況、物件に詳しい他のスタッフが接客に参加をします。

3)スタッフを仲間に入れて2対1の接客をします。

 

効果は、

・1対1の接客に比べてお客は安心感を持ちます。

・「店のスタッフが協力して不動産探しを応援してくれる」と信頼が高まります。

・空室の確認や鍵の手配、資料の印刷など分担できますので接客がスムーズになります。

・双方にストレスが生じません。

接客効率が高まり、案内に持ち込みやすくなります。

未経験者、新人の育成にも役立つ接客法、事務員だった女性が営業に目覚めた事例

どんなにAIやロボットが進出してきても、人が行う不動産接客は無くなりません。それ以上にますます面倒なお客が増えて接客がむずかしくなっています。新人で入社した営業も育ちません。結果退職するということになります。

このグループ接客の他のメリットとして、新人の育成に役立ちます。

新人のスタッフは、接客慣れしていません。せっかくの案内や成約のチャンスを失う可能性があります。お客が少ない今では接客ミスで失注されては困ります。

事務員だった女性がこの接客法で営業に加わる面白さを知って、営業になったという報告もいただいています。

 

先輩や上司が新人の接客に付くことで新人スタッフも安心できます。グループ接客で成約率も高まります。

 

接客だけでなく、案内にも効果を発揮できる

繁忙期以外で来店や案内が集中しない時期であれば、接客以外に案内にも活用できます。2名のスタッフが車の運転と案内を交互に行います。

・1人が現地を案内している間に、

・運転手を任されたスタッフは次の案内の物件の鍵を預かったり、

・案内が終了した物件の鍵の返却をします。

そうすれば有料の駐車場に入れることもなく、効率良く案内ができます。

この記事を書いた人
中野 忠 ナカノタダシ
中野 忠
ドリームワン代表の中野です。5年間で3000社の不動産会社を訪問して成功の法則を見つけました。ドリームワンは4年2015年から小さな不動産会社がブログなどのコンテンツやオウンドメディアを活用して地域1番の有名店になるための不動産集客システム「ドリームX」とノウハウを提供しています。お得意様の大半が社長1名から5名以下の零細不動産店です。その約6割が地元で知名度1番のホームページを運営しています。ドリームワンにはホームページで知名度を上げるノウハウがあります。ドリームX導入して6か月以上の8割以上が月間3千ページビュー(PV)超えを達成しています。ドリームワン中野がほぼ毎日発信するメルマガが好評です。ぜひご登録してください。そしてホームページで地域1番の有名店になりたい小さな不動産会社様はお気軽にご相談ください。保有資格:宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)、2級建築施工管理技士

ブログ集客について相談したい

INQUIRY
どんなご相談ですか?
不動産会社で
必須
メルマガ購読(要メールアドレス)
arrow_upward